Io Principessa!
baci.exblog.jp

++ Diario mobile ++         kannaの現地日記
お知らせ
Eccomi

似非東海人としてさ迷う、憧れのCaffè巡り(食いだおれか?)をご紹介します。

2006/4/20より出発したイタリアわがまま逃避より、5/21無事帰国しました…


kannaのメインサイト
paradise is calling


kanna気まま日記…ブログ
Dolce e Caffè

kannaの飼い猫日記…ブログ
Il mio angelo!
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0504 大移動
今日はマテーラからカプリ島までの足首横断移動である。
前日は緊張のあまりになかなか寝付けなかった。
発の長距離バス(プルマン)体験。06:20発バーリ経由ナポリ行だ。
っていうか、出発時間10分過ぎてもこない。かろうじて他に一人待っていたのでよかったが、一人なら確実に心配だったろう。昼なら20分くらいなら遅れること当たり前なのだが、始発の早朝でっせ。すっかり体が冷えたころにバスは来た。こんなとき女でよかった…とつくづく思うが、スーツケースをあげてもらう。
通路を挟んだ席にいる人は、明らかに薬物中毒のように青白い顔をしている。行動も挙動不審だし、時々背中を向けて何かしている。
寝てはいかんと思いつつ、バーリまでの1時間は耐えたがその後2時間記憶が全くない。
起きて焦って景色を見たが、いまいち建物がないと感動がない。何故だろう、それどころか親近感すらある。あ、北海道の田舎道と全く変わらん風景・・・。

ナポリは今までの寒い日々を吹っ飛ばす常夏の南イタリアだった。
とにかくナポリは慎重に気をつけなければと思い、中央駅から悪名高いナポリタクシー乗り場へ。
最近は観光客向けにちゃんと均一タリフとういう設定があって、ちゃんと確認すればOK。
昨年ナポリへ行った人から情報だ。ホントに大丈夫なのか心配ではあった。
「"Tariffa predeterminata" prefavore("タリッファ プレデテテルミナータ"ペルファヴォーレ)」
心の中で繰り返す。イタリア人に発音を教わるが、慣れるまでろれつがまわらん。

「Ciao!」
運転手が気持ちのよい笑顔で荷物をトランクへ入れる。
「Ta・・・」私が言いかけてすぐに運転手が
「"Tariffa "O.K?(タリフでいい?)」
「Si,"Tariffa predeterminata" prefavore(はい、均一タリフでお願いします)」
「Brava!(上手!)」
なぜか上手とほめられる。うーん。複雑。
ナポリは相変わらずすごい交通渋滞。ちいとイライラするのは運転手だけ。
いきなり目の前でバイクが車にひかれるし、トラムの線路上を普通に通ってトラムをとめてもつらっとしてるしとにかくキョロキョロしているだけでも飽きない。とても親切でよかったのでチップをあげた。ちなみに私はイタリアでは基本的にレストラン以外ではチップは払っていない。

ベヴェレッロ港は2度目だが以前は切符の配給があったので金額も売り場もわからん。
ぐるぐる迷ってやっと見つけたが、ゆっくりと日本人の乗らないフェリーで行きたかったので待つことになるが購入。が、しかしうわさでは5ユーロ前後…って12.8ユーロもするじゃねえか!後でホームステイ先のスージーに聞いてみると「2倍に値上げするって聞いていたけど冗談じゃなかったのかい!」島民も真っ青である。
b0081151_6462326.jpg

[PR]
by oltremare2 | 2006-05-04 06:47 | -IT.Capri