Io Principessa!
baci.exblog.jp

++ Diario mobile ++         kannaの現地日記
お知らせ
Eccomi

似非東海人としてさ迷う、憧れのCaffè巡り(食いだおれか?)をご紹介します。

2006/4/20より出発したイタリアわがまま逃避より、5/21無事帰国しました…


kannaのメインサイト
paradise is calling


kanna気まま日記…ブログ
Dolce e Caffè

kannaの飼い猫日記…ブログ
Il mio angelo!
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0506 島民価格
今日はスージーがお休み。
ってことでなぜか二人で砦ツアー(西側に昔要塞として建てられた砦がある)でひたすら汗をかいて痩せよう計画はだらだらと過ぎ、結局エンリコが帰ってくるのを待って早めのディナーへいくことに。
勿論アナカプリから歩いてマリーナピッコラまでです。
スージーの無料ガイド付きで到着までカプリ島のお話をいろいろと聞いた。
さすがはエンリコ、地元民なだけあってショートカットをして港まで約1時間ちょっと。よく歩くねえと言われても実は私は下り専門で上りはうまくバス停のある場所まで行くのです。ほほ。
港の一番右側にあるレストランへ。スージーのお友達のお兄さんだそうで、日本語わからないから裏情報大きい声で暴露しまくり。とにかく素材が上等&お友達ってことで完全お任せ!パスタと揚げ物、ワイン、ドルチェだけに。さすがワインの味見はエンリコが。スージーと、「一度でいいからこれまず~い、変えてよっていって見たくない?」「ある~、女って決めらんないじゃんだから余計に言ってみたい!」もうすごい日本語で言いたい放題。
最初にきたパスタ、なんと自家製パスタなのでちょっとうどん風で歯ごたえがたまらない!!そして高級プリップリのムール貝とポモドーロ、バジルの味付けもう高いだけある。激美味!!実はムール貝とバジルは私は大嫌いなのだが、バジルはイタリアに来てからすぐ克服してもう生でもバリバリ食べちゃうほど。バジルなしのパニーノはありえないってくらい。ムール貝は恐る恐る食べてみたところ、一口目でもう涙でそうなくらい出汁が効いてるというのは変だが、そんな感じでおいしくて一気食いだった。これがいつでも食べれるならもう一生毛蟹食えなくなってもいい!そしてその食べ終わったオリーブオイルとムール貝の出汁をつけて食べるパンがもう胃袋入らないってなくらい食べる、私とスージー。日本語絶叫しまくりだった。
そして次は小さい蟹と小魚の揚げ物で、もちろんカプリ島のレモンだけをかけていただく。うめえ~!もう胃袋は12分目いっているとみた。カプリ島のレモンって酸っぱすぎずまろやかなんでなんにでもかけるんだよね。
そしてドルチェ。レモンケーキの中にレモンのクリームが入っていて周りにキャラメルソースが。もう入らないはずなのに胃袋へ全部突入。

そしてお会計。
ひるむ。
観光地であるために島民価格とうものがあってそれでも126ユーロだとおお!?
とりあえず40ユーロでいいといったのでお支払いを。
通常のアンティパストから頼んで観光客価格だったら一体…。
勿論だが、カプリ島民はめったに外食はしないそうだ。
おいしいだけあるとはいえ私もホームステイ以外での食事はテイクアウトのピザだけにしよう…
b0081151_3282516.jpg

[PR]
by oltremare2 | 2006-05-06 03:29 | -IT.Capri