Io Principessa!
baci.exblog.jp

++ Diario mobile ++         kannaの現地日記
お知らせ
Eccomi

似非東海人としてさ迷う、憧れのCaffè巡り(食いだおれか?)をご紹介します。

2006/4/20より出発したイタリアわがまま逃避より、5/21無事帰国しました…


kannaのメインサイト
paradise is calling


kanna気まま日記…ブログ
Dolce e Caffè

kannaの飼い猫日記…ブログ
Il mio angelo!
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0510 イタリアンマンマの手作り
朝食を食べているといきなりドアのたたく音が。
「スージー!!」
げっ、マンマの声だ。
ドアを開けたのは私なのにシカトされいきなり2階にいるスージーに大声で叫ぶ。
どうやら今晩が私最後の夜だから夕食の招待らしい。
ドアを閉めたとたんにふたりで目を合わせて笑う。
・・・昨日のことかな・・・
私がダシに使われたこと間違えなし。
わ~い、マンマのご飯絶品だというので楽しみにしよう。

全然関係ないが、イタリア人はほとんど誤ることをしないと聞いたことがある。
こっちが間違えていたら誤るのが当たり前な日本人として、ローマ帝国時代にさかのぼるイタリア人は謝ることは負けを意味して=死なのだそうだが、理解できん。だから言い訳をするのだそうだ。

今日はまたもや青の洞窟へ挑戦。
しかし部屋の窓からなんとなく波が見える。ダメ元で行ったが考えられんほどの大波で、波が引いたとき洞窟から吹き抜ける風ですごい水しぶきが…。とりあえず諦められず観光バスでここへ来た日本人団体観光客が私の通行を止めやがった。くそ!イタリア人より行儀が悪すぎる。
「Permesso!(失礼!)」
むかついてイタリア語で言う。
「日本人じゃなかったのか」そう言って婆あどもは一気に引く。
ちっ、日本人だったらどうでもよかったのかよ。最初から通せってば。
ガイドを頼りにしている団体はほんと図々しくていやんなる。
しかし、初めて地平線が見えるほど天気がよくイスキア島が見える。
よし、ソラーロ山に行こう!
なぜか私は記憶が蘇ってこなかったのだが、たしか去年来たとき中国人が超ウザクてきもくて日本人観光客より図々しいに3乗する勢いだったのを頂上に上った瞬間引きもどされた。私が写真撮る場所、撮る場所どいつも着いてきてしまいには明らかに早くおわんねえのか位に舌打ちしやがる。ムカついて振り返ったときにガン見してやった。

そしてヴィラ・サンミケーレ博物館に行くとバッテリー切れだしこっちが舌打ちしたい~。

気を取り直し家に帰り8時になるのを待ってマンマのところへ。
マンマはもううきうきで肉料理を作っていた。
そしていきなりどっかの家からもらった自家製ワインで乾杯…って、パパもまだ帰ってきてないのにマンマは作りながら飲み始める。アンティパストに高級生ハムが。クラッカーと一緒に食えと。そして高級チーズ(何のチーズかは忘れた)で絶好調にマンマと飛ばし始める。スージー曰くマンマはそこらへんのスーパーでは買い物をしないので確実にそのままでもおいしい素材ばかりだと。よしよし、食っとけ。ワインは自家製をおいしいという私はいろんな意味でイタリアワイン通なんだと。よくわからん。だって、ロッソでも渋みなくさらっといけるんですよ~。ビアンコはほんのりフルーティでさらっといけるのに。マンマと私以外は買ってきたワインを飲む。おいおい。
もうスパゲッティを作るところは興味津々!ポモドーロは日本で言うプチトマトのでっかいやつを枝付で購入。それを鍋で一気に潰して作る。最後に大皿でスパゲッティと混ぜる。
これがどこで食べたスパゲッティポモドーロより美味しい!ピリッとペッペロンチーノが効いてて2回もおかわりを。その後は鶏肉の料理と、レタスにオリーブオイル(これが超高級エキストラバージンオイル!)と塩、お姉ちゃん家でとれたレモンと和えるだけなのに山盛りで食べちゃう始末。
確実に14分目くらいの胃のサイズ。
かなり巨大化してしまってること間違えない。

そしてマンマとお別れのキスをしてカプリ島の最後の夜は終わった。
b0081151_20143489.jpg

[PR]
by oltremare2 | 2006-05-10 20:12 | -IT.Capri