Io Principessa!
baci.exblog.jp

++ Diario mobile ++         kannaの現地日記
お知らせ
Eccomi

似非東海人としてさ迷う、憧れのCaffè巡り(食いだおれか?)をご紹介します。

2006/4/20より出発したイタリアわがまま逃避より、5/21無事帰国しました…


kannaのメインサイト
paradise is calling


kanna気まま日記…ブログ
Dolce e Caffè

kannaの飼い猫日記…ブログ
Il mio angelo!
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
0515 注意を引くと大丈夫
今日はなんと明日からサレルノに宿泊するのにサレルノ観光へと向かう。
なぜわざわざこんなことするかというと、うわさの断崖絶壁海岸線爆走バスツアーをしたかっただけなのだが。酔うといったので早速酔い止めを飲んで乗車。iPodくんがこんなときのお供としてとっても役に立つ。
ラベッロ同様すごいカーブが1時間15分ひたすら続く。もう次から次へと視界に入る真下の海の色と景色に釘付けであった。カプリ島では濃い青の海だが、アマルフィ海岸はエメラルドグリーンだ。もうホント宝石の様…。途中にあるミノーリ、マイオーリとうビーチがあるのだがマジでぐうたら浜辺で寝たかったわ~。

あっという間についてしまったのだが、着いた先でサレルノで宿泊するホテルの確認、遺跡へ向かう列車の確認をしに駅前まで向かう。ホテルはいまだかつてないほどあっさりと発見。人生こんなもんだ。時刻表はいまいち見づらくてはいつくばってると、右から左から「Scusi!」攻撃。すまん、停車駅探すだけで必死なんだから見逃してけれ。
b0081151_21584228.jpg少しずつ都会に慣れていって日本に帰るって感じだが、サレルノの街は思ったより大きい。ついうっかり入ってみたお店で楽しいものを発見。これはイタリアならでは(タンガの国ならではというのか?)と思う、なんとタンガ用の生理用品ではないか!すげー。こんなんじゃ漏れるじゃねえかよ、それでなくても尻でかいのに。あ、関係ない?
それを楽しんでいたら、またもやガキにナンパされる。入り口からどうやら目をつけていたような気配がした。「Ciao..Ciao」なぜか小声で近づいてくる。ちっ、それにしてもイタリア語わかんないからといってるのにしつこい。片言で話してくるのはわかるので、わからない振りして聞いていたがガキに顔の肌がとても柔らかそうで綺麗だといわれたかねー。あたしは生理用品に釘付けなんだからよ!!消えろってんだよ。これだけイタリアのカルキ水と日光に浴びた髪はすっかり茶髪になったから余計に若く見えるに違いない。
ふ、これでじっくりと楽しめる。次は下着。決して小さくねえと思う自分の乳が4つは入りそうなブラジャーがしこたまある。こんなの化けもんじゃあと怪しい親父状態でとにかく隅々まで見る。
ここに来てまで俗世と離れていたかのように、お店をなぜか渡り歩く。決して買う気はないが(小さくてもあたしにはでかすぎな服ばかり)なんとなく楽しむ。一体何しにきただろう??
とりあえずDUOMOを目指し歩く。地図が入っているファスナーが開いていたようで、いきなり若いお姉さんに呼び止められ「開けっ放しだよ、危ないから気をつけて!」のようなことを言われた。わりと女の人にこういうことをよく言われる。スミマセン、注意力足りなくて。

この街のDUOMOは地下にあるバロック様式のクリプタ(地下礼拝堂)がとにかくすばらしい。地下で一人ぽっちでちょっぴり感激。時間あったら滞在中にまたみにこうっと。
ちょうどこの辺で1時頃。あ、しまった。南イタリアの店は閉まるんだ…
だからって、未だに挙動不審でリストランテに入ることがひける私、結局ハムときのこのピザ1.5ユーロ購入してアマルフィへと戻ることにした。帰りのバスで逆方向の景色を見るつもりが、食ってる最中に獏睡して到着30分しか見れなかった。。。そしてまだ明るいので、再度ラベッロへ向かう私であった。
[PR]
by oltremare2 | 2006-05-15 21:56 | -IT.Amalfi Coast