Io Principessa!
baci.exblog.jp

++ Diario mobile ++         kannaの現地日記
お知らせ
Eccomi

似非東海人としてさ迷う、憧れのCaffè巡り(食いだおれか?)をご紹介します。

2006/4/20より出発したイタリアわがまま逃避より、5/21無事帰国しました…


kannaのメインサイト
paradise is calling


kanna気まま日記…ブログ
Dolce e Caffè

kannaの飼い猫日記…ブログ
Il mio angelo!
カテゴリ
以前の記事
検索
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:-IT.Paestum( 1 )
0516 Spagnolo
今日はサレルノへの移動。
晴れたらフェリーで行こうと思ったが、魔が刺した。フェリーだと6.5ユーロ、バスだと1.8ユーロやっぱりバスにした。それは地獄への始まりと知らず。。。油断して酔い止めを飲まずしかも海側が綺麗なので直射日光の当たる左側席へ座った。30分くらいで、眠いわけではないのに何であくびが出るんだろうと思ったらいやな予感が。やっぱり乗り物酔いしてしまった。噛んですぐ食べられる方をだして食べたが、くねくねした道は延々と続く。もう地獄のようだった。後10分乗っていたら確実に吐いていただろう。
皆さん、必ず酔い止めを飲みましょう。

せっかくホテルについて本日はパエストゥームという神殿の遺跡がとてもいい状態で残っているところへ行く予定だったが、しばらく横になっていた。15時ごろ復活の兆しがあったので出かけた。当日券の窓口へ並んだはいいが、普通列車は乗ったことがないのでかなりの緊張をしてしまい、つい手が震えてしまって小銭が上手くつかめない。ホント今更ですが。
勿論だが、イタリアの列車は時刻どおりにくるわけがない。しかも直前までホームがわからないので、初めて乗ると思われる人たちはすごい勢いでホームまで走る。わーい、私だけじゃなくて良かったわ。せっかく乗ってもローカル線なので英語が通じる人がほとんどいないので、席が空いているかどうか聞けない。小心者ですみません。まあ、40分頑張って立ちましょう。
夕方に遺跡を見に行くのが意外とよいということを今更ながら思った。遺跡はほとんど遮蔽物がない。そのため暑くても耐えなければならない。だいたいは日の入り1時間前に入場締め切りをするので、ここは1時間あれば回れる広さだったので16:40についてちょうど良いくらい。日差しも弱まりとっても快適だったし、人もまばらなのでゆっくりと写真を写せてよい。よし、明日のポンペイもそうしよう。

とにかく久しぶりに遺跡を見たのでつまらないかと思ったが、やっぱり楽しい私である。一体どんな生活してたんだろうと想像すると楽しい。空は今と同じ空を見ていたんだろうなぁとか。
b0081151_5232380.jpg

そんな静寂も破るスパニッシュの集団。先生らしき人が一緒に突然見上げて綺麗だねと突然言う。かなりかっこいい30代くらいのナイスガイ♪その後一緒に写真を撮らせてもらっていいかと言ってきたのでいいですよと言ったらいきなりなれなれしく肩を抱いて生徒らしき子達を集め撮れ撮れと言い、いきなりの写真撮影会になった。ひいいいぃ。私はオバサンレースクイーン状態かいっ。

天気予報で、明日も晴れるって。更に黒くなるな。
[PR]
by oltremare2 | 2006-05-16 05:22 | -IT.Paestum